昭和初期の米沢箪笥

2018-02-16

東京都内在住Y様(50代女性)

ご実家(山形県高畠町)に遺された亡き父の衣裳箪笥。

用材は良質なケヤキ材が使用されているものの、色あせ変色してしまった経年の痛みが表れています。

金具を外して全面の修復修理となりました。

 

 

 

 

塗装は、ウレタンで仕上げました。

金具はサビを磨き取り除いて、艶を抑えたマットな仕上げ。

抽斗内部の嫌な臭い、汚れを薬品にて抗菌処理を施しています。

 

Copyright(c) 2012 Omoide Kagukobo Jidaiya-san All Rights Reserved.