黒塗へ時代箪笥衣装箪笥

2017-04-19

名古屋在住N様(男性)より修理依頼

明治期~大正期の衣装箪笥。

経年による抽斗のガタツキ、表面の傷など多くの痛みが目立つ。

 

 

 

全面黒つぶしのカシュ塗仕上げ

鏡のような光沢を放ち、見る者を魅了する。

 

 

 

 

 

金具は当時のオリジナル既存金具をきれいに塗り直して再利用。

木部の光沢と金具の艶消しが絶妙なコントラストを生んでいます。

 

Copyright(c) 2012 Omoide Kagukobo Jidaiya-san All Rights Reserved.